SUPER CUB 50 STREET & Fusion Type X 備忘録

SUPER CUB 50 STREET & Fusion Type X 備忘録 プチツーやらメンテやらカスタムもどきやらネコのことやら

デイトナ ハザード付きウインカーリレー95441を取り付け。

calendar

reload

デイトナ ハザード付きウインカーリレー95441を取り付け。
daytona95441

いやぁお盆中は冷雨で寒いくらいでしたが、すっかりいつもの夏に戻り、暑すぎて何もしたくない今日この頃です。

実際このデイトナハザード付きウインカーリレーを取り付けたのもフュージョンオールデイの前でしたから6月だと思います。

その時は電装系色々と、オーディブルパイロットCOMP 38401-187-701取付けやウインカーやブレーキランプをぶーぶーマテリアルさんのLEDに交換など行いました。それはまた後日に。

ではまずはメンテナンスカバーを外してと。今回はウインカーリレーのある左側にアクセスする為にフロントのカウルも取り外しておきます。

daytona95441

配線はこんな感じで。 元々の純正ウインカーリレーと交換してアウトプットされた配線をウインカーの左右(ホンダ・フュージョンなので右・空色、左・オレンジ色)に割り込ませるだけの簡単配線。

daytona95441

まずはハザード用オンオフスイッチへのギボシ端子加工。

daytona95441

デイトナ バイク用 スイッチ フラットフェイスタイプ ブラック 100W対応 ON/OFFスイッチ 71779

オンオフスイッチをどれにしようか?どこに付けようかで迷いまして、メーターパネルやメンテナンスカバーへの穴あけ加工はちょっと気が引けるのでじゃあ昔のヘッドライトオンオフスイッチが付いていたキルスイッチとセルボタンの間にしようと。ちょうどいいサイズのデイトナ製スイッチをチョイス。買っておいた[HELIX]のカバーが貼れなくなりましたがまあいいか。

RIDE&SEEK さんよりお借りしました。ありがとうございます。

さて取付けです。純正のウインカーリレーはコチラ↓。

daytona95441

カプラーを外してデイトナ製ウインカーリレーに交換します。この変換ハーネスは製品に付属していますよ。

daytona95441

こんな感じに収まります↓。

daytona95441

続いてウインカーのラインに割り込むためちょっと嫌ですが配線ちょん切ります。左・オレンジ色をパッチン。

daytona95441

右・空色もパッチンと。

daytona95441

今回はいわゆるウインカーのカッチンカッチン音の源、オーディブルパイロットCOMP 38401-187-701を取り付けるために更に配線の分岐をエーモンのY型接続端子M259にて行いました。

左右こんな感じで分岐させました。

deytona95441
daytona95441

オーディブルパイロットCOMP 38401-187-701のお話は次に回しますね。

daytona95441

で完成。

元々ハザード機能が備わっていない古いモデルに乗っていられる方どうですか?ちょっとよくないですかね?今時っていうか、あって当然の機能が付きましたよ。

ただね、サイドスタンドを倒して駐車するとエンジンが切れるからヘッドライト付いたその状態でハザードを付けるのを躊躇してしまい、まだ5回くらいしか使っていません(笑)

でも6000円くらいでハザード機能が追加されるのでお勧めですよ。オンオフスイッチも好きなものを選んでくださいね。それもまた楽しみになりますよ。

B01N3BZQC6

この記事をシェアする

コメント

down コメントを残す